FC2ブログ

Profile

匿名希望のこーやま

Author:匿名希望のこーやま
北海道に生まれ育ち、現在は東京住み野郎。
音楽とネコ、車とサッカーアルゼンチン代表を愛する心優しき菜食主義者。

大好物はやきとりと酒♪
飲んで呑まれて~(笑)
な、へべれけ人生。

Calender

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Category

Comment

TrackBack

Archive

命の重さ~生きものと暮らす

先日のこと。

我が家の王様、ぶん太くんが毎日飲んでる腎臓の薬をくれる病院が突然の閉院になり、これは一大事だとあたふたあたふた。

と言うのも、うちのぶんちゃんと来たらね、とにかく病院が大の苦手でさ。
いや、苦手なんてレベルではないな(笑)

拒絶反応どころか、発狂して飼い主にまで噛みつき暴れる始末(^o^;



きっとね、去勢手術の時に何か怖い思いをしたんだと思う。

でもさ、彼が生きるためには最低限必要なことはしてあげたいし、そのためには病院に連れて行かなければならない事もある。



そして昨日、別の病院を訪れたのだが。

結果から言うと、飼い主の意向とかとても尊重してくれる病院で、薬の処方に関しても定期的に検診を受けなくても薬の処方など対応してくれる寛大な病院で一安心。

せっかく病院まで頑張って来たのだから、出来たら採血はしたいですが、怯えてどうしようもないなら同じ薬を処方するところから始めますか?

と、とても動物や飼い主の思いに寄り添った対応に、一度トライさせて頂くことに。



意外とぶんちゃんは大人しく、簡単にケージから出すことが出来、体重を測って聴診器も簡単に受けてくれた(笑)

が、しかしである。
体温測らせてもらいます、と、体温計をお尻に入れられた途端。。。

悪魔は舞い降りるのであるw



それでも頑張ってここまでやったのだから頑張って採血トライしましょうってんで、院長さんや看護師さん二人にも加わってもらうことに(^o^;

二人で前足と後ろ足をそれぞれ固定してもらい、院長先生が素早く血を抜く。

飼い主は顔の前で励ますw
しかし、狂乱したぶんちゃんは飼い主に向かい恐ろしい顔で襲いかかろうとする(^o^;



手際早かったな。
今まで通ってた病院とは違くてとにかく素早く見事だった。

ぶんちゃんへの負担も少なかったと思う。



結果。
3キロあった体重は2.5キロ。

やっぱりか。
最近食が細くなって来ているのが数字に出て来た。

歯周病も気になるところ。
しかし今回行った病院は口内に詳しい病院でもあるので、いいアドバイスが得られるかもしれない。



おうちに帰って来たぶんちゃんは、今までより短い時間で済んだからか?
おやつをあげると上機嫌でむさぼりお昼寝(笑)

血を抜かれたせいか気だるそうにはしていたが、夜北海道から帰った奥さんの声を聞くなり誰?
な表情ww

きっとね、自分が大変な思いをしてた時に居てくれなかったからヘソを曲げてたんだろね(笑)



ペットと言ってしまったらそれまでなのだが。

猫だろうが犬だろうが、ウサギだろうとハムスターだろうと。
金魚だって昆虫だってね、愛情を持って育ててる人からしてみたらさ。

命の重さって人っこ一人と変わらないんだよね。



とても大切な家族であり、かけがえのない大切な命なんだな。



だから出来ることはしてあげたい。

と同時に。



人のエゴだけで無理なことはしないように。
彼らの命を見守りたい。

改めてそう思う日だった。



いつかはお別れの日が来るんだよな。

何をしても後悔は残るだろう。



でもね、それでも出会えたこの縁を大切に全うしたいと思う。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |