FC2ブログ

Profile

匿名希望のこーやま

Author:匿名希望のこーやま
北海道に生まれ育ち、現在は東京住み野郎。
音楽とネコ、車とサッカーアルゼンチン代表を愛する心優しき菜食主義者。

大好物はやきとりと酒♪
飲んで呑まれて~(笑)
な、へべれけ人生。

Calender

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Comment

TrackBack

Archive

薔薇とワインだって?ざけんじゃねぇ!

こっちは全身筋肉痛にワインなサンデーの昼下がりw

昨日の仕事、今日のぼくの身体が全てを物語ってる。
青アザはそこら中、スジや筋肉の至るところで筋肉痛とイミフな痛み(笑)



それでもハードなことをこなしてね、無事に終わらせた時ってのはさ。
なんての、男冥利に尽きるとでも言うんかな?

なんとも言えない達成感があるってもんさ←それ以上に疲労困憊w



ジャガイモ拾いのバイトしたことある人なら分かると思うけどさ。

今まで生きて来た中で一番しんどかった仕事と言えばさ、ぼくは真っ先にジャガイモ拾いだと思う。



ぼくね、よく思うんだけど。
偉くなりたいならいい大学に行くよりも秋になったら北海道に集まってだね、そしてジャガイモ拾ったらいいと思うんだなw

何ヘクタールあるのって言う広大な北海道の大地でさ、北海道の土が、水が、気候が育ててくれた作物を手で疲労…いや、拾うw
それを披露するだけ←もういいわw



掘り起こされたジャガイモがさ、真っ直ぐ伸びる白線のように褐色の大地に見事なまでに一直線に伸びてる。
これはほんとアートの域だと思う!←訳もなく真剣

真っ暗になるま拾うんだけどさ、ジャガイモってさ、月明かりに真っ白に輝くんだぜ。
あれ見たらさ、身体中の疲労がスーッと抜けてね。

ま、ただのランニングハイ状態なだけなんだけど(笑)
すてきな景色だよ、ぼくの目にも今も焼き付いてる。



そんなジャガイモ拾い。
最初は楽よ、みんな一斉に始めるんだけど。←さぁ、各馬一斉にスタートしました状態w

隣と何百メートルある白い線の先を見ながら話しながら進み出す。

一つ手に取ってはカゴに入れる、また一つ取ってはカゴに入れる。
ただこれの繰り返し、バカだろうがどアホだろうが誰でも出来る。



ジャガイモ拾いはね、ここがおもしろいんだな。
学歴も犯罪歴も育ちも関係ない、そこに集った人間がみんな1(イチ)からのスタートなんだ。



だからこそなんだね、この作業を繰り返してるとさ。

さっきまで隣にいたお隣との間に差が生まれるんさ。



もし仮に、少し先を行く奴の影が自分のライバルだったらさ。
悔しいから頑張る。

ペースをアップする?
体力には限界あるぜ、どこまでそれを続けられる?

いや、日給は同じだから多く拾ったって無意味、自分は自分のペースで進むのみ。

競争ではないけど、ライバルに負けないために合理的な拾い方はないものか?
そう考えて単純な作業を効率化しようと脳みそを絞り出す。

いやいや、俺は男だ負けられねぇ!
とにかくガムシャラに拾いまくって奴を追い抜く!!



ジャガイモ拾いにはそんな人間のロマンとドラマがあるんだ。←いやない

ジャガイモ畑は世の中の縮図であって、人は皆ジャガイモだ。←いやない

ジャガイm…うん、もう出ないw



こんなこと書いてるうちにワイン一本終わったw

薔薇とワインだっけ?
いや、ジャガイモとワインだったはなし。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |