FC2ブログ

Profile

匿名希望のこーやま

Author:匿名希望のこーやま
北海道に生まれ育ち、現在は東京住み野郎。
音楽とネコ、車とサッカーアルゼンチン代表を愛する心優しき菜食主義者。

大好物はやきとりと酒♪
飲んで呑まれて~(笑)
な、へべれけ人生。

Calender

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Comment

TrackBack

Archive

危機感と憤り

地球が悲鳴を上げている。
世界がSOS信号を発している。

日本の猛暑だけじゃない、今世界中が命の危険を感じる異常気象や天変地異の危機に瀕している。



東京じゃ毎日35℃を超えるようなうだるような暑さに加え、夜も27℃を下回らないスーパー熱帯夜とかでエアコンが無きゃ生きていけないような毎日。

そこに降り出した昨夜のゲリラ豪雨でさえ、止んでも気温は下がるどころか湿度が暑さを倍増させる。

もうすでに日本の気候じゃないよな、これ。
エアコンの室外機が闇の気温を一層上げるこの悪循環。



これは地球の反対側の話ではないし、隣の国の問題なんかでもない。
どれも身の回りで起きてること。

自分が生きてるうちは大丈夫なんてもう言ってられないのかもしれないよ。
そんなことより自分が大丈夫ならそれでいいのかよその考え。



他人はおろか、他の国や地球の裏側のことまで考えて生きるなんて面倒だし酷な話だ。

確かにそう思う、自分も然り。
でもさ、自分レベルから出来ることくらいは始めてもいいんじゃないか?



こんな事になっちまったのは一体誰が悪いって?
そんな話は一切なし、ここまで膨大に膨れ上がった問題に、もうすでに誰か個人レベルの責任に押し付けられる話じゃないって。



知ってる?
今じゃ人間が住んでない無人島でさえ人が創り出した人災ってもので野生動物たちが毎日死んでいるのを。

人間はどんどん便利に生活する道具を作り出した。

中でもプラスチックは軽くて丈夫でさ、用途は多岐に渡る。
でもプラスチックは土には還らないんだぜ。



それが海を渡り、流れ流れて無人島にたどり着く。
生きるために必死な野生動物たちがそれを食べ、飲み込み、食べることが出来ないと分かって吐き出そうとしてももう遅い。

動物たちは、消化することも吐き出すことも出来ないまま、人間が創り出した便利の犠牲となって死んでいくんだ。



知らねーよそんなこと。
もっと他に考えることが山ほどある。

かもしれない、でももうやっていかないとヤバいんじゃない?
いや、もう遅いかもしれない。

でもそうなったのは人間の責任だと思う。
だから責任は取らなきゃいけないでしょ。



責任?
今更取れるかな?
取れるかじゃないよ取るんだよ、責任。



自分レベルで毎日マイ箸使って、ゴミを分別して。
そんなことやってたって遅いよな。

少しずつ自分から出来ることを増やしていかなければ。



誰かが、国が。
世界が動くのを待ってる時間はない。

自分レベル、この重要性を信じて自分の命を全うする。

ぼくにはぼくの出来ることからを改めて再確認する。



どんなに無駄だと思っても、どんなに無意味だと感じても。
それでもそれをやり続けないといけない。

それは世界を変えるためにではなく、世界によって自分が変えられないために。
あなたはそれをやり続けるのです。

by モーハンダース・カラムチャンド “マハトマ” ガンディー



自分への警告。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |