FC2ブログ

Profile

匿名希望のこーやま

Author:匿名希望のこーやま
北海道に生まれ育ち、現在は東京住み野郎。
音楽とネコ、車とサッカーアルゼンチン代表を愛する心優しき菜食主義者。

大好物はやきとりと酒♪
飲んで呑まれて~(笑)
な、へべれけ人生。

Calender

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Comment

TrackBack

Archive

心から感謝しています

名も知らぬ東広島市の地元の方々、本当にどうもありがとうございました。



山陽道が先日の大雨の災害の影響で、河内~広島間が上下線共に通行止めになっていたため、時間厳守で九州入りだった仕事が指定時間内の到着がほぼ絶望的になった昨夜のこと。

河内インターを下りたところにあったローソンで少しでもいい情報が得られないかと店員さんに話しかけてみた。

とても親切に色々と話してはくれたが、どの道もナビの通りに行った先で通行止め。



万事休す。。
最悪の事態が脳裏をかすんだ時、同世代か少し上の方が二人別々に店内に入って来た。

レジ前で困惑してるぼくと店員さんのやり取りを買い物しながら聞いていたのだろう、レジに来た一人が、「ここからどこまで行きたいの。」と、広島っぽい訛りで話しかけてくれた。

事情を説明すると、「広島市内に向かったら一歩も動けん、その時間に九州の地も踏めない」と言った。



マジで終わりか。。。
そう思って落胆しているぼくにもう一人が「山陽道はダメ、だけど中国道ならいけるかも!」
と、いくつかある抜け道の中から、通行止めになってる情報、あの道が通行止めならこの道も怪しい。
そうやって地元らしい勘で一本の道路を教えてくれた。

遠回りになってもまだ12時間はある、下手なとこ走って迷ったり通行止めで引き返すこと考えたらこれが最善だと思うとぼくを励ましてくれた。



泣きそうだった。
見ず知らずの人達が、見ず知らずのぼくのために。

なんの利益もないのに、ぼくのために一緒に考えナビを見ながら説明し励ましてくれてる。



ぼくさ、お礼するのが精一杯だった、焦りですぐにも走りたかった。
お礼の餞別すら出さず教えられた道を急いだ。

出来たことと言えばさ、深々と頭を下げてお礼を言うくらいだった。
恩知らずだな、マジで。



見ず知らずの他人にあんなに時間を割いて一生懸命説明してくれたんだもん、絶対に間に合いたかった。

あとは確実に着ける距離に着くまで仮眠もせずひたすら走ったさ。



おかげで2時間前にしっかりと場所の確認もすることが出来ました。

コンビニ店員さんをはじめ、二人の地元の方。
その節は本当にありがとうございました。

無事に到着することが出来ました。



奈落の底に落ちた心が蜘蛛の糸一本で救われたような。
そんな心温まる出来事だった。



この仕事が終わるまであと二日、山陽道の通行止めは解除されたようだ。

しっかりと無事に終わらせようと思う。



初めて来た九州の地より愛を込めて。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |